仕事

会社経営11年目の抱負と10年間を振り返って

今から遡ること10年前。2010年7月1日。

京都府京都市下京区下松屋町通五条下る藪之内町(なげえなぁおい)の築年数不明のアパートで、ひっそりと「ぴえん」と産声をあげた会社は、2020年6月30日をもって満10年になり、2020年7月1日から11年目に入りました。

起業当時は右も左も上も下も前も後ろも表も裏もよく分からない状況でしたが、いろんな方々に助けていただいて、会社経営の第一関門である「10年」という区切りを通過することができました。お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

この10年間を振り返ってみますと…苦しい時期や悔しいこともたくさんありました。足がすくんで高いところから降りられない夢に毎晩うなされたり、信じていた人にサクッと裏切られて人間不信になることもありました。

ただ、それ以上に楽しいことや素敵な出会いもたくさんありました。また、仕事を通して様々な経験を積むことができ、社会人としても一回り…いや二回りぐらい成長できたような気がします(注:自分に甘い性格です)。

最近は仕事の幅も広がり、いろんなことに積極的に挑戦していますが、手を付けられていない「やりたいこと」がまだまだたくさんあります(注:よくばりな性格です)。

コロナ禍の混沌とした中で始まった11年目。

これまで通り「約束を守る」「筋を通す(不義理をしない)」「間違えたら素直に謝る」の3点の軸をぶらさずに、これまで以上に前のめりになって仕事に注力しようと思っています。

11年目もどうぞよろしくお願いいたします。

ぱぴこ(かしこ)